電話番号

雨漏り調査・修理補修・防水工事

雨漏り調査・修理補修・防水工事の宏和建資株式会社

work 取扱商品紹介

防水工事

防水工事とは、一般的にアスファルト・シート・塗膜などの面防水とシーリング(コーキング)などの線防水に分けることが出来ます。また、広義の意味での防水は、止水や撥水も含まれ、服や時計や携帯電話などの生活防水というものも含まれます。ここでは、建設工事を対象とした新設及び修理補修用の防水材料の一部をご紹介致します。

FRP防水

FRP防水

特徴として、シームレス(継ぎ目がない)で軽量(建物に重量負担をかけない)、耐水性・耐摩耗性・メンテナンス性が良く、下地形状をほぼそのまま表現でき、 酸性雨や植栽の肥料に強く、長寿命なライフサイクルによるゴミ減量を考えた防水材です。断熱工法・遮熱工法・植栽工法・ノンスチレンなどの環境配慮型の工法もあります。

FRPとは、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、合成樹脂を繊維補強材によって強化した複合材の一種です。現在、防水以外にもボート、高架水槽、ユニットバス、波板、自動車等幅広く採用されています。

石目調トップコート

※ 現在、弊社では、防水保護層(トップコート)のバリエーションを増やすべく 「石目調トップコート」を試作中です。FRP防水の表層の塗り替えの折にはぜひお声掛け下さい。

ウレタン防水

ウレタン防水

特徴として、シームレス(継ぎ目がない)で、軟質のゴム状被膜を生成するので伸び率が良く下地追従性に優れた防水材です。FRP防水との複合防水やシート防水で収め難い部位の部分防水など他の防水材との相性も抜群です。また以前は、乾燥時間がネックとなっていましたが、現在ではスプレー式の超速乾型もあります。そして、比較的安価に出来る工法もあるので、改修工事で採用される事が多い防水材です。

しかし、同じ塗膜系のFRP防水などに比べると膜厚管理が難しい上にローラーやコテを動かす速度により空気を巻き込み、ピンホール(空気が抜けた時に出来てしまう小さな穴)を作ってしまったり、溶剤で希釈する事が容易な為、手抜きをしようと思えば際限なく出来てしまうので、施工者の腕と資質が問われる防水材とも言えます。

シート防水

シート防水

工場生産された合成ゴムや塩ビのシートを使用し接合面を接着または溶着する事により防水層を形成する防水材です。ロール状のシートを用いた半乾式工法の為、注意すれば施工直後の歩行も可能で凹凸の少ない大面積の物件に適した防水材です。

難点といえば、シートのラップが存在する為に水の流れを阻害しやすく(段差となって表面に出る)役物と呼ばれる細かな部位の施工が難しい点。また、FRPなどに比べると傷が付きやすいと言った事があります。

特殊セメント・浸透性防水材

セメント防水

地下車庫・基礎周り・打ち放しコンクリート部などの防水・美装・補強をする商品です。
防水性・撥水性をコンクリート表面の風合いを損ねる事無く仕上げることが出来ます。

アルカリ骨材反応が発生したコンクリート表面補修や軽微なヘアークラック補修などFRPをはじめとする各種防水材のように「塗った」という印象を与え難い仕上がりが期待できます。

無機物が多い材料の為、環境に優しいとか火に強いという利点はありますが、表面が硬く仕上がる為、伸縮などの動きに対しやや弱い面があります。

このページの一番上に戻るpagetop